2018年度(平成30年度)4月入学生から、助産師の養成が始まります!

保健看護学科では、これまでの看護師と保健師の国家試験受験資格のほか、2018年度(平成30年度)入学生から新たに助産師の国家試験受験資格が取得できる教育課程を開設します。

近年、少子化が急速に進行し、子育て不安や不妊をはじめとするライフステージ各期の性と生殖にかかわる健康課題や問題、全国各地で多発する災害など、女性とその家族をとりまく社会環境は大きく変化しています。また、女性と家族の出産や子育てに対する希望やそのあり方は多種多様です。

そうした中、保健看護学科では、複雑で多様な価値観や状況に対応できる助産師、特に地域に貢献できる人材としての助産師を育てるため、2018年度(平成30年度)から助産師教育課程を開設することになりました。(※選択制、5人程度)


助産師教育課程がめざすもの

助産師教育課程においては、医療機関での助産にとどまらず、切れ目のない母子支援・親子支援としての地域に根ざした子育て支援について考え、母子保健活動に広く貢献できる助産師の育成をめざします。専門性をもち、安全で質の高いケアを提供できる助産師、地域で活躍できる助産師、災害時にも母子とその家族への支援ができる助産師となるために、幅広いフィールドと実習施設において学びます。また、在学中より、保健師教育課程を選択する学生と共に学ぶことで、専門職の連携・協働により幅広く支援できる能力を育てていきます。
 
生命と真摯に向き合い、女性や乳幼児とその家族の尊厳と権利を尊重し、さまざまな場や状況において専門職として自律して活躍できる助産師をめざし、志高く、豊かな人間性と主体的に学ぶ意思をもって、仲間とともに学びましょう。

助産師国家試験を受験するまで(概要)

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
保健看護学科の進路・就職
保健看護学科の学生の声
保健看護学科のカリキュラム
保健看護学科の教員紹介
保健看護学科へのよくある質問
2018年度(平成30年度)4月入学生から、助産師の養成が始まります!