「特別支援教育総論」大西孝志教授

障害のある子どものための特別支援教育全般について学びます。本講義は特別支援学校教諭免許状取得のための必修科目です。

「特別支援教育総論」の概要

点字のミニテスト
点字のミニテスト
現在、小・中学校等においては、特別な教育的支援を必要とする子どもへの適切な対応ができる教員が強く求められています。そのようななか、本学は、小学校教諭または中学校(社会科)教諭基礎免許状に加え、特別支援学校教諭免許状の4領域(聴覚障害・知的障害・肢体不自由・病弱)を取得し、特別支援教育の専門性を修得することができる数少ない大学の一つです。
 
「特別支援教育総論」では2年次以降に学ぶ、視覚障害、聴覚障害、知的障害、肢体不自由、病弱、言語障害、重複障害、発達障害等のすべての障害についての基礎知識を広く学習します。受講生のほとんどは自身が特別支援教育を受けた経験が無く、障害のある子どもたちがどのように勉強しているのかについてイメージすることが困難です。そこでこの講義では、さまざまな障害について映像等を使って具体的に学ぶという活動を多く取り入れています。
また、平成19年度以降に大きな転換があった「特殊教育から特別教育への制度改正」や学習指導要領、特別支援教育の教育課程、インクルーシブ教育システムの構築等についても全般的に学ぶことができます。
この講義の特色ある活動として、毎時間「点字」と「指文字」の学習を行っています。ほとんどの学生が、15回の授業終了後、自分の氏名の表現及び簡単な単語の「読み」「打点」「指文字表現」ができるようになります。

履修学生の声

  • 点字や指文字、特別支援教育の現状や法令など、さまざまなことを学びました。次年度以降、特別支援教育の専門科目の講義が増えるので、今回学んだことを土台に学びを積み重ねて行きたいです。(小野嘉寿真さん)
  • 毎回の講義で、点字・指文字に触れたことで、それらを覚えることができました。教育実習で指文字が使えると子どもたちが喜んでくれると思うので、4年生の特別支援学校教育実習の時までに、さらに上手になるようがんばりたいと思います。(川村雄輝さん)
  • 障害のある人の映像を見ることで、どのような支援が必要なのかという知識が増えました。4年生の教育実習に行く前にボランティア等を行い、特別支援学校を見てみたいと思います。(冨樫幸美さん)
  • 教員採用試験においてどのような問題が出題されているのかということを知ることができました。(石井慶さん)
  • 障害の種類とその特徴だけではなく、「特別な教育的支援」そのものの考え方について学ぶことができ、特別支援教育について概観することができました。(錦戸郁弥さん)

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
「社会科の指導法Ⅰ」下山忍教授
「英語活動の指導法」伊勢恵准教授
「特別支援教育総論」大西孝志教授
「重複障害者教育総論」川住隆一教授
保育実習指導Ⅱ
「言語障害者教育総論」庭野賀津子教授
「教育実践活動」(小学校・中学校・特別支援学校)
「教育情報の基礎」(小学校・中学校・特別支援学校)
「社会科教材研究」(小学校・特別支援学校)
「障害児の学習支援」黄淵煕(フアン・ヨンヒ)准教授