実学臨床教育(総合福祉学部のみ受講可)

社会福祉分野のさまざまな領域を理論(大学での講義など)と実践(社会福祉施設・機関などでの実習)で学ぶ「実学臨床教育」。
本学独自の教育プログラムで4年間の段階を踏んだ継続的な学びを通して、実践力や考察する力、課題解決能力を兼ね備えた優れた人材を育成します。

理論と実践を有機的に結び付ける実学臨床教育

社会福祉の現場では、マニュアル通りに動くのではなく、自分で考え判断するというように、主体性や積極性が求められます。また、未解決の課題が山積している現状にあっては、常に質の高い実践が求められ、それを今後のために理論化し、一般化する能力も必要とされています。それらの力を養うためには、大学において学生が講義を一方的に受講するというシステムでは難しいのは明らかです。つまり、学生が主体となる学び方の工夫などが必要となってきたのです。

そこで本学では、「社会福祉現場における学び(実習)」と「大学における学び(講義・演習・グループスタディなど)」を有機的に結び付ける「実学臨床教育」と呼ばれる、少人数の教育プログラムを平成14年度より開始しました。

この「実学臨床教育」は、様々な社会福祉領域の現場における高度な知識と分析力を有し、「実践力・考察する力・理論化する力」を兼ね備えた人材を育成する教育プログラムで、「福祉」を理論(大学での講義)と実践(施設実習)を通じて学びます。
宿舎の紹介
学生生活サポート
学生自主活動支援
社会人学生の育児支援(一時預かり)
学生総合補償制度(こども総合保険)
スポーツ傷害保険
その他の就学機会
ICT教育
留学・国際交流
実学臨床教育(総合福祉学部のみ受講可)
リエゾンゼミ
副専攻
禅のこころ
カリキュラム
教育実践活動(教育学科学生のみ受講可能)
障がい学生支援室