福祉心理学科 教員紹介

福祉心理学科所属の教員

秋田 恭子(あきた やすこ)

教員業績

職階
教授

研究分野
面接方法、学生相談

担当教科

臨床心理学、心理療法、など

研究内容

心理療法のうち特に、精神分析とサポーティヴ・サイコセラピーの有効性、適応範囲と限界についての研究および、学生相談ではどのような面接が適切かの研究および臨床心理士としてどのような事を学生時代身につけたらよいかの研究。

学生へのメッセージ

大学生という時期と立場を利用して、仙台に来る様々な講演会、展覧会、音楽会などあらゆる機会をとらえて自分の感性を磨き、興味あることを見つけてください。広く浅くで良いと思います。

菊池 陽子(きくち ようこ)

教員業績

職階
教授

研究分野
病院臨床、心理査定

担当教科
カウンセリング、健康教育概論、など

研究内容
医療の場における心理臨床について関心があります。心理検査に関しては、ロールシャッハ法などの投影法、また、グループ・アプローチなどチーム医療の実践もしています。

学生へのメッセージ
学生時代の4年間は人生の中では、ほんの一瞬のようかもしれません。でも、その中で出会う友人、先生、本などは一生の宝物になりえます。自発的に真摯に、そして楽しく向き合うからでしょうか。たくさんの宝物を発掘して卒業して下さい。

皆川 州正(みなかわ しゅうせい)

教員業績

職階
教授

研究分野
青年期の適応・不適応、家族関係の心理

担当教科
人格心理学、思春期の発達と臨床、など

研究内容
青年期は、「第2の誕生」「心理的離乳」といわれ、自分に向き合い、葛藤し、再構築・再統合することが課題です。家族も揺れ動き、変わることを余儀なくされます。その青年と家族の心理・支援について研究しています。

ゼミ紹介
リエゾンゼミⅡは「自己実現」について学び、自己実現支援に取り組みます。心理学演習Ⅰ・Ⅱは「心理療法の基礎」「心理療法の実際」(家族療法・短期療法)についてロールプレイを通して学びます。

渡部 純夫(わたなべ すみお)

教員業績

職階
教授

研究分野
福祉心理学、臨床心理学

担当教科
福祉心理学、臨床心理学、など

研究内容
心理療法の一分野における、箱庭療法や描画などがどのように心の成長に影響を与えているかなどについての研究

ゼミ紹介
臨床の大変さをゼミで感じながら、悩んでいる人に心を寄せることを学ぶ。また、仲間としての結びつきを強めることが出来るゼミである。

河地 庸介(かわち ようすけ)

 教員業績 

職階
准教授 

研究分野
実験心理学、認知心理学、脳科学

担当教科
認知心理学、統計学の基礎、など

研究内容
色、形、大きさ、動き等の様々な視覚情報、さらには聴覚や触覚情報等の様々な感覚情報を心や脳がどのようにして組み合わせ、意味のある世界という主観的体験を生み出しているのかという感覚情報統合の研究をしています。近年は、MRI(磁気共鳴画像法)を使って、様々な心的特性を脳の構造・機能情報から予測するという研究にも取り組んでいます。

学生へのメッセージ
大学生活は、様々な心理学はもちろんのこと、種々の学問領域を体験できるまたとない機会ですので、心身の健康に十分に配慮しながら大学生活を楽しんで頂ければと思います。

佐藤 俊人(さとう としひと)

教員業績

職階
准教授

研究分野
発達心理学、臨床心理学

担当教科
生涯発達心理学概論、福祉心理学、など

研究内容
生涯発達心理学的視点から、幼児期から成人までの社会的行動および心理的支援の方略について実践的に研究。

ゼミ紹介
生涯発達心理学に関する文献研究をふまえて、個人研究を実施しゼミ論としてまとめている。

清水 めぐみ(しみず めぐみ)

教員業績

職階
准教授 

研究分野
臨床心理学、心理療法

担当教科
臨床心理学、心理アセスメント、など

研究内容
セラピストとクライエントの関係性にもとづいた心理療法の実践と、そこに生じるイメージを媒介とした変容や主体の生成とその過程について、また「容器」としてのセラピストの作業について研究しています。

ゼミ紹介
心のありようについて文献購読やワークショップを通じて学び、因果論だけでは説明しきれない現象をどうとらえるか、変容が生じるとしたら何によるのかなどについて議論していきます。

内藤 裕子(ないとう ゆうこ)

教員業績

職階
准教授 

研究分野
臨床心理学、養護教諭養成

担当教科
健康相談、健康心理アセスメント、など

研究内容
養護教諭の健康相談と心理臨床の接点および独自性に関する質的研究、学校臨床・学生相談の経験に基づく青年期の心理的特徴に関する調査研究、災害などの緊急時における心理的支援に関する事例研究、子どもの遊戯療法に関する事例研究

ゼミ紹介
養護教諭志望者対象のゼミであり、学内実習的な性質を持っている。2年次では養護教諭の職務の実際を学び、3年次では救急処置や健康相談の基礎的技術を習得する。4年次ではとくに心理学を生かした児童生徒への関わり方について実践力を身につける。

中村 修(なかむら おさむ)

教員業績

職階
准教授

研究分野
健康心理学、発達心理学

担当教科
心理学概論、健康心理学、など

研究内容
青年期のキャリア発達がテーマです。自分のキャリアを形成していく道筋は必ずしも順調には進まず、つまづいて挫折してしまう者も珍しくありません。この問題に「ストレス対処」という視点からアプローチしています。

ゼミ紹介
学年によってテーマは様々ですが、共通して「資料をきっちり作る」ことを学生に求めています。調べたことを他者に伝わるようにきっちり整理してわかりやすくまとめること、将来どの世界に行っても大事なことです。

中村 恵子(なかむら けいこ)

教員業績

職階
准教授

研究分野
学校カウンセリング、認知行動療法

担当教科
カウンセリング、福祉心理学、など

研究内容
1. 学校不適応の子どもに対する援助システムの研究
2. 神経症圏の子どもを対象にした拮抗制止法

ゼミ紹介
「自分の力で叶えられるかもしれないことを神様にお願いしちゃだめだよ」 ゼミ生に教えてもらったAqua Timezの歌詞です。こんな大学生活が叶うことを応援しています。ゼミでは研究とキャリア形成をサポートします。

半澤 利一(はんざわ としかず)

教員業績

職階
准教授

研究分野
犯罪心理学、臨床心理学

担当教科
演習、福祉心理学特講(犯罪非行心理学)、など

研究内容
家庭裁判所で非行少年の調査や処遇、家庭内紛争の解決に携わった経験から、生きづらさを抱えた人を心理的に支援し、社会につなげる方法を研究しています。専門家向けの研修会も効果的になるよう工夫を重ねています。

ゼミ紹介
犯罪心理学や非行臨床に関するテーマを主に取り上げますが、参加者の関心や志望に沿って関連した課題を選ぶこともあります。情報を集めて整理して発表し、理解を深めて応用できるように討議や解説などを配慮します。

吉田 綾乃(よしだ あやの)

教員業績

職階
准教授

研究分野
社会心理学

担当教科
社会心理学、人間関係論、など

研究内容
自己呈示、文化的自己観、対人認知、共感、感情制御、自己制御などに関心を持っています。また、認知資源の個人差の観点から対人コミュニケーションと適応の関連性について実験社会心理学的な研究を行っています。

ゼミ紹介
ゼミでは、自ら設定したテーマに沿って社会心理学の研究手法に基づいた調査や実験を行います。心理学的な問題を個人と社会の2側面から検討することを重視しています。3、4年生合同の研究発表会を行っています。

飯嶋 亮子(いいじま りょうこ)

職階
講師

研究分野
養護教諭養成、医療連携

担当教科
看護学臨床実習

研究内容
養護教諭養成課程における看護学臨床実習の現状と課題。
医療機関と学校・家庭を結ぶ地域医療連携の有り方の研究。

ゼミ紹介
養護教諭志望の学生さんへ、学校救急看護の基本や処置方法について講義と演習を行います。

鎌田 克信(かまだ かつのぶ)

  教員業績 

職階
講師 

研究分野
養護教諭養成、教育保健学、体育科教育

担当教科
学校保健、健康科学、演習、など

研究内容
子どもたちのからだと心の現状を出発点にした教育実践のあり方について研究しています。子どもたちのいのちと健康を守り育てることは、教育の根幹であり、そこに深く関わる養護教諭・教員の養成と実践の創造について研究を深めていきます。

ゼミ紹介
子どもを見つめ、読み解き、理解しようとすることから出発し、からだについての学びの機会を見つけ、その学びを組織する力をつけることを大切にしています。子どもに寄り添い、その成長に関われる喜びを共有できる学びにしたいと考えています。

平川 昌宏(ひらかわ まさひろ)

教員業績

職階
講師

研究分野
生涯発達心理学・発達臨床

担当教科
教育心理学概論、発達心理アセスメント概論、など

研究内容
主に「子どもの描く絵画作品は見ていて面白いな」「子どもたちは全身を使って楽しそうにお絵かきをしているな」といった思いから、子どもの絵画表現活動とその発達について研究を行っています。

ゼミ紹介
人の成長や発達を理解しそれに「共感する」視点を共通の視点としてゼミの皆さんと共有しながら、各自の関心のあるテーマについて、発達的観点から検討を行ってもらい、理解を深めてもらっています。

柴田 理瑛(しばた みちあき)

教員業績

職階
助教

研究分野
実験心理学、認知科学

担当教科
学習心理学、心理学の基礎、など

研究内容
これまで、錯覚を用いながらヒトの認知機能について研究してきました。最近は、青年期の精神障害や発達障害における認知機能についての研究も行っています。

学生へのメッセージ
福祉心理学科では心理学に関する様々な講義が開講されています。心理学を通して他者と繋がることの大切さを学びながら、是非とも自分の考えを上手に相手に伝える力を身につけてください。自分の知らないフィールドにどんどん挑戦して、有意義な大学生活を送れるよう全力でサポートいたします。

平泉 拓(ひらいずみ たく)

教員業績

職階
助教

研究分野
臨床心理学

担当教科
家族心理学、心理学の基礎、など

研究内容
臨床は、介護者支援、災害後の心理支援、産業カウンセリング、自死対策に携わっています。研究は、心理療法場面、家族関係、日常と惨事のストレスを検討しています。また、情報通信端末を活用した遠隔カウンセリングの研究も行っています。

学生へのメッセージ
学びたいと思うこころはとても尊いものです。ぜひ探究心と好奇心を大切にして、有意義な大学生活を送ってください。全力でサポートいたします。

教育学部所属の教員

大関 信隆(おおぜき のぶたか)

  教員業績 

職階
准教授

研究分野
発達障害、心理アセスメント、実験心理学

担当教科
発達臨床心理学、知的障害者の心理・生理・病理、など

研究内容
病院臨床で出会う発達障害、特に自閉症児の認知特性と対人理解に関するアセスメント・ツールの開発をテーマに研究をしています。
また、投影法の一つであるロールシャッハ・テストの分析を支援するソフトウェアを開発・提供しています。

ゼミ紹介
「発達・精神の病理と心理検査」がテーマです。2年生では発達・精神の病理を「心理学的に理解するとはどういうことか」について学びます。3年生では幾つかの心理検査を学ぶ中で、ツールを使って人間の心理特性を理解する意義を体得します。4年生では各自のテーマを研究としてまとめています。

山口 奈緒美(やまぐち なおみ)

  教員業績 

職階
講師 

研究分野
社会心理学

担当教科
心理学概論、産業心理学、など

研究内容
人と人の間で生じる葛藤を解決するためには相手を許すという寛容さが必要です。この寛容をどのように導くかについて研究しています。また、被害者集団において寛容的な意思決定を促進する手がかりについても関心があります。

ゼミ紹介
2年ゼミから4年ゼミまで、対人心理に関する実証的研究を理解し、自分で研究し、それを他者に伝える訓練を段階的に行っています。心理学的なものの見方を身につけ、その視点で世の中の出来事を解釈できるようになってほしいと思っています。

この記事に関するお問い合わせ

教務部教務課
住所:〒981-8522 宮城県仙台市青葉区国見1−8−1
TEL:022-717-3315
FAX:022-301-1280
E-Mail:kyomu@tfu-mail.tfu.ac.jp
福祉心理学科の進路・就職
福祉心理学科の学生の声
福祉心理学科の科目紹介
福祉心理学科 教員紹介
福祉心理学科へのよくある質問
公認心理師について
福祉心理学科の学生の1週間