落ち込んでも
周囲に支えられた1年。
いつか生徒の未来を
ともに描く教員に

加美町立小野田中学校教諭
山本若菜さん
教育学部 教育学科 中等教育専攻
  • 教員
  • 社会科
  • 地理・歴史
  • 特別支援
  • ゼミ

Profile

プロフィール

宮城県仙台市出身。泉館山高卒業後、2015年に新設された教育学部教育学科中等教育専攻に入学。在学時は浅川俊夫准教授のゼミで地理に関する学びを深める。宮城県公立学校教員採用試験に合格し2019年3月卒業、同4月から加美町立小野田中学校勤務。社会科教員として地理・歴史の教科指導に加え、特別支援学級の担任と吹奏楽部の顧問を務めている。(所属・肩書等は2020年2月取材時)

自分に苛立ち…
まだまだ力不足

入職1年目。教育現場に立って、丸1年になろうとしていますが、どんなことを感じていますか

マイナス思考になってしまうことが多いです。授業がうまくいかないとか、自分のできなさに苛立ってしまって。例えば同じ学習内容で、同じ授業を行ったとしてもクラスごとに生徒の反応が違ってくる。いいときと悪いときがある。生徒がポカーンとしていたり、「社会が苦手」と言われたりすると、あ〜っ、と思って落胆してしまう。反面、「分かった」と言われたときにはやりがいを感じます。生徒とコミュニケーションを取りながら授業ができたときは、とても嬉しいです。

あと、研究授業で大失敗したときがあって。事後検討会といって研究授業の振り返りを行うのですが、それを受けて、準備も見通しも甘かったと反省しました。

切り替えてます??

心が折れそうなときは、いつも職員室で先生方に助けられています。笑いが多い職場なんです。周りの先生の支えがなければ、1年間乗り切ることができなかったと思います。

吹奏楽部の顧問も務めている

高校の吹奏楽部が、演奏会に向けてみんなで衣装を用意したりとか、熱のある団体だったんです。そのときの記憶が鮮明に残っているので、みんなで作り上げる楽しさを分かってほしいな、と思っています。そこまでは至っていないので、まだまだ力不足です。

高校の吹奏楽部でのパートは?

トランペットを担当していました。吹奏楽に打ち込んだ3年間を過ごしました。部活のことと、友達と遊ぶことばかり考えていた高校生でした。

大学受験はどのように考えていましたか

本命は農学部でした。高校3年時に地理の授業で東南アジアでのエビの養殖について勉強したときに、一次産業に興味を持った。そういった食産業や一次産業を通して海外協力できる学部を持つ県外の大学を受けたのですが、落ちました(笑い)。

漠然と教員免許を取りたい、とも考えていて、取得できる大学を受けようと。そこで家族から福祉大に教育学部が新設されると聞きました。地理が好きだったので、社会科の教員免許が取得できるかなという軽い気持ちで受験しました。実家から通える距離でもあったので、進学することを決めました。中等教育専攻を受験したのは、募集人数(定員40人)が少ないから価値があるかも、と。それから、入学前は比較的小さい大学と思っていたのですが、多くの学生(通学生は約6000人)がいることに驚きました。中等教育専攻の1期生は女子が10人だけしかいませんでしたが(笑い)。

吹奏楽は続けなかった?

はい。アカペラサークルのMUSICOMに所属していましたが、周囲と比べると、そこまで熱心に活動している方ではありませんでした。ですが、サークルで他の学部の人と関われたことがすごく大きかった。例えば保健看護学科の人は教育実習よりも実習が大変そうだったし、就活の方向性も違うから、友達を通して他の業種を知ることもできた。視野が広がったし、自分も頑張らないと、と思うことができました。

サポートスタッフで気づいた
個に応じた指導の大切さ

本格的に教員をめざそう、と考え出したのはいつごろから?

3年生からです。生徒指導や教科指導を勉強し始めて、面白さを感じました。3、4年次に専門科目が増えて、その2年間でたくさんのことを学べました。学習指導要領に始まり、専門的な深い学びを授業で教わった。その学びは、今も活かせていると思います。福祉大の先生は、実際に学校の教員としてやってきた方が多いので、実体験をもとにした授業を行うことが多い。それで教員のイメージが浮かびやすくなった。教員になりたいな、と思った要素の1つです。

あとはボランティアで学生サポートスタッフ(※仙台市では市立学校のサポートスタッフを募集している)として児童・生徒と直接触れ合ったことで、教員という仕事へのやりがいを感じたことも大きいです。教員をめざすなら学校現場でしか学べないことがあるはず、自分の強みとなるものを見つけたいと思って。

小学校と中学校、それぞれ1校ずつ活動したのですが、中学校では特別支援学級に在籍する生徒のサポートをしました。コミュニケーションを取ることが難しく、教える側と教わる側がどうしたら理解しあえるか、を考えて実践しました。生徒たちが成長する姿を目の当たりにしたことで、個に応じた指導や個別の支援が大事だと分かりました。生徒との関わり方について多くのことを学びました。

採用試験の対策はどうしていましたか

外部の講座なども受講し、勉強しました。4年時に教育実習の翌々日、とある県の採用試験を受けたのですが、全くダメで。教育実習の準備や振り返りなどに時間を取られていたので、宮城県を受験するにあたっては、しっかりと勉強の時間を取りました。あの県の試験を受けていなかったら、そんな現実感も感じなかったので、落ちてしまっていたと思います。

大自然から深めた
授業づくりの学び

専門科目が増えた3年時から本格的に教員になる意志をもって、学内外でさまざまなことを吸収した、ということですね。ゼミ活動で思い出すことは

地理ゼミ(浅川ゼミの通称)は最高でした。朴木山キャンパスの大自然で勉強できて、貴重な体験となりました。土壌や植生を調べたり、ロープを引っ張って環境調査のポイントをつくったり。今は本格的にキャンパスが稼働して数年経っているので、結構整備されていると思いますが「あのキャンパスを開拓したんだ!」という良い経験になっています。フィールドワークを通して、社会科の授業づくりについて学びを深めることができました。

学生生活は充実していた、と

大学は「中身の濃い、良い夏休み」ですね。だらけてしまった時間もあるけど、自由研究も宿題も部活もアルバイトも、とすべてやりきった夏休み、みたいな。中でも、大学の授業やボランティア、教育実習などを通して、生徒の未来をともに描くことができる教員になりたいと思うようになりましたから。

今後はどんな教員をめざしていきたいですか?

周りからも生徒からも信頼される先生に、教科指導で評価される先生になりたいです。今はもう1回、地理・歴史を深く勉強する機会を持ちたいな、と感じています。

What TFU means to me

私にとっての東北福祉大学とは

学びの楽しさを知った
視野も広がった
大学での4年間は
かけがえのない時間です

ほかの先輩のことを知りたい!

「人に役立つ仕事がしたい」ー 人見知りの自分を変えて
大腸肛門科 仙台桃太郎クリニック 医事課
永倉 里菜さん
健康科学部 医療経営管理学科
「人に役立つ仕事がしたい」ー 人見知りの自分を変えて
大腸肛門科 仙台桃太郎クリニック 医事課
永倉 里菜さん
健康科学部 医療経営管理学科
消防職員への転職は、命への強い想いから。大学時代の繋がりを活かし全国初の点検アプリ開発。
仙台市消防局
齋藤広和 さん
総合福祉学部情報福祉学科
消防職員への転職は、命への強い想いから。大学時代の繋がりを活かし全国初の点検アプリ開発。
仙台市消防局
齋藤広和 さん
総合福祉学部情報福祉学科
  • 消防局
  • 公務員
  • 転職
  • ゼミ
本を通して人とつながる。変わらぬ思いを貫いて
加美町小野田図書館 司書
髙橋 茜さん
教育学部 教育学科 中等教育専攻
本を通して人とつながる。変わらぬ思いを貫いて
加美町小野田図書館 司書
髙橋 茜さん
教育学部 教育学科 中等教育専攻
  • 図書館
  • 司書
  • 公務員
  • 教員免許
  • 子ども支援
「福祉のこころ」は「寄り添う心」。学びで育んだハートで地域の人を幸せに
利府町役場 保健福祉課
下山聖奈さん
総合福祉学部 福祉行政学科
「福祉のこころ」は「寄り添う心」。学びで育んだハートで地域の人を幸せに
利府町役場 保健福祉課
下山聖奈さん
総合福祉学部 福祉行政学科
  • 公務員
  • 保健福祉
  • 障害者福祉
  • 社会福祉
  • インターンシップ
進学のきっかけは、祖母が教えてくれた記事。 勉強する喜びを知り、念願の診療情報管理士に。
日本赤十字社 福島赤十字病院 医事課
穴澤詩織さん
健康科学部 医療経営管理学科
進学のきっかけは、祖母が教えてくれた記事。 勉強する喜びを知り、念願の診療情報管理士に。
日本赤十字社 福島赤十字病院 医事課
穴澤詩織さん
健康科学部 医療経営管理学科
  • 診療情報管理士
  • 医療
  • 教育
  • 福祉
  • 成長
  • 資格
“心の支えになる酒を造る” 。夫婦で乗り越えた困難、切り開いた未来
合名会社寒梅酒造
岩﨑健弥さん 岩﨑真奈さん
総合福祉学部社会福祉学科・福祉心理学科
“心の支えになる酒を造る” 。夫婦で乗り越えた困難、切り開いた未来
合名会社寒梅酒造
岩﨑健弥さん 岩﨑真奈さん
総合福祉学部社会福祉学科・福祉心理学科
  • 東日本大震災
  • 経営
  • ボランティア
  • モノづくり
  • 日本酒
足元を見渡せば、大切なものがいっぱい散りばめられている。この日々と環境を大事に過ごして。
児童文学作家
佐々木ひとみ さん
社会福祉学部 福祉心理学科
足元を見渡せば、大切なものがいっぱい散りばめられている。この日々と環境を大事に過ごして。
児童文学作家
佐々木ひとみ さん
社会福祉学部 福祉心理学科
  • 児童文学
  • コピーライター
  • 出会い
  • 作家
  • 豊かさ
教員志望から転じたプロレス人生。人を育む心を忘れない、看板レスラーの夢は続く。
女子プロレス「アイスリボン」取締役選手代表
藤本つかさ さん
総合福祉学部 社会教育学科
教員志望から転じたプロレス人生。人を育む心を忘れない、看板レスラーの夢は続く。
女子プロレス「アイスリボン」取締役選手代表
藤本つかさ さん
総合福祉学部 社会教育学科
  • 教員
  • サークル
  • ゼミ
  • ボランティア
出発点は高校球児のころ。大学で医療や医学の勉強の楽しさ、人の絆を学び、地元の医療に貢献。
社会医療法人明和会 本部人事部
奥山 旭さん
健康科学部 医療経営管理学科
出発点は高校球児のころ。大学で医療や医学の勉強の楽しさ、人の絆を学び、地元の医療に貢献。
社会医療法人明和会 本部人事部
奥山 旭さん
健康科学部 医療経営管理学科
  • 医療
  • ボランティア
  • サークル
  • 福祉
  • 資格
情報を伝える、それもひとつの福祉。実行委員会で学んだバイタリティを武器に地元の新聞社へ。
河北新報社・営業部
高橋柊介さん
総合福祉学部 社会福祉学科
情報を伝える、それもひとつの福祉。実行委員会で学んだバイタリティを武器に地元の新聞社へ。
河北新報社・営業部
高橋柊介さん
総合福祉学部 社会福祉学科
  • 福祉
  • 社会学
  • 学園祭
  • ボランティア
  • コミュニケーション
  • 実習
目標に向け、自分のために使うと決めた4年の時間。自ら行動する大切さを知り、高校時代から思い描いていた、医療の世界へ。
一般財団法人厚生会 仙台厚生病院 医事部医事課
中村美咲さん
健康科学部 医療経営管理学科
目標に向け、自分のために使うと決めた4年の時間。自ら行動する大切さを知り、高校時代から思い描いていた、医療の世界へ。
一般財団法人厚生会 仙台厚生病院 医事部医事課
中村美咲さん
健康科学部 医療経営管理学科
  • 診療情報管理士
  • 医療
  • 教育
  • 福祉
  • 成長
  • 資格
ワクワクさせること、喜ばせることも福祉。誰かを笑顔にするICT活用を夢みて大学院で研究の毎日。
東北大学大学院 教育情報学教育部 教育情報学専攻 修士2年
栁田恵梨奈さん
総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科
ワクワクさせること、喜ばせることも福祉。誰かを笑顔にするICT活用を夢みて大学院で研究の毎日。
東北大学大学院 教育情報学教育部 教育情報学専攻 修士2年
栁田恵梨奈さん
総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科
  • 情報通信技術
  • ノーマライゼーション
  • 教育
  • 福祉
  • 成長
  • エンターテインメント
福祉とは、幸福な社会をつくること。行学一如の精神を胸に行政トップとして市政に奮闘。
宮城県前角田市長(任期2008年8月~2020年8月)
大友喜助さん
社会福祉学部 社会教育学科
福祉とは、幸福な社会をつくること。行学一如の精神を胸に行政トップとして市政に奮闘。
宮城県前角田市長(任期2008年8月~2020年8月)
大友喜助さん
社会福祉学部 社会教育学科
  • 地域福祉
  • 公共福祉
  • 行政
  • 実践主義
  • 資格
  • フィールドワーク
  • 教育
仲間、先生のサポートを追い風に、幼い頃から憧れだった小学校教員へ。
仙台市立七北田小学校教諭
井上拓也さん
子ども科学部 子ども教育学科(現・教育学部 教育学科)
仲間、先生のサポートを追い風に、幼い頃から憧れだった小学校教員へ。
仙台市立七北田小学校教諭
井上拓也さん
子ども科学部 子ども教育学科(現・教育学部 教育学科)
  • 学校教育
  • 福祉
  • ボランティア
  • コミュニケーション
4年間で養った 「ICTスキル」と「人を想う心」を活かし、社会のバリア撤廃に挑戦。
NECソリューションイノベータ東北支社
清野明日美さん
総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科
4年間で養った 「ICTスキル」と「人を想う心」を活かし、社会のバリア撤廃に挑戦。
NECソリューションイノベータ東北支社
清野明日美さん
総合マネジメント学部 情報福祉マネジメント学科
  • 福祉
  • ICT
  • 情報技術
  • バリアフリー
  • コミュニケーション
  • 自立支援
  • 産学協同プロジェクト
「高齢者を肯定する」 居場所づくりで、日本の未来を切り拓く介護業界の次世代型パイオニア。
株式会社あおいけあ代表取締役・慶應義塾大学看護医療学部非常勤講師
加藤忠相さん
社会福祉学部 社会教育学科
「高齢者を肯定する」 居場所づくりで、日本の未来を切り拓く介護業界の次世代型パイオニア。
株式会社あおいけあ代表取締役・慶應義塾大学看護医療学部非常勤講師
加藤忠相さん
社会福祉学部 社会教育学科
  • 福祉
  • 介護
  • 地域医療
  • 少子高齢化
  • 社会保障
  • 自立支援
実学で磨きあげた看護技術と福祉マインドで、 医療の最前線に挑戦。
横浜労災病院・整形外科
若生ゆいか さん
健康科学部 保健看護学科
実学で磨きあげた看護技術と福祉マインドで、 医療の最前線に挑戦。
横浜労災病院・整形外科
若生ゆいか さん
健康科学部 保健看護学科
  • 福祉
  • 医療
  • 看護師
  • ボランティア
  • コミュニケーション
  • 実習